【顔のしわがなくなると人気】ボトックスの正しい位置に注入する方法

女の人
  1. ホーム
  2. 人によって違う

人によって違う

カウンセリング

事前に確認しておこう

ボトックス注射によって若返りを図ることが多くなっています。誰でも手軽にできる施術でもあるため、ここ数年で随分と人気の施術の一つとなってきているものの、この施術を受けるからには予備知識が必要です。例えば、ボトックス副作用について把握しておきましょう。もちろん、ボトックス副作用は人によって異なります。全く感じないという人の方が多いので、あまり意識し過ぎるのもよくありません。知識として覚えておく程度にしておきましょう。まず、どんなボトックス副作用があるのかというと、しっかり肌に浸透しなじむまでに時間がかかるという点が挙げられます。そのため、施術後しばらくの間は腫れてしまうこともあるのです。特にボトックス注射は顔に行うことが多くなっています。よって、顔がしばらく腫れた状態になってしまうことも覚えておきましょう。人と会う機会が多い場合には、相手に違和感を生じさせてしまうかもしれません。また、顔にボトックス注射をした場合、しばらく顔が動きにくくなることもあります。無意識に笑っても、頬の筋肉が自然に動かないこともあるわけです。そのため、引きつり笑いのように見えてしまうこともあります。このようなボトックス副作用のことを考えて、ボトックス注射の後はダウン期間を設けている美容整形外科も少なくありません。ダウン期間中は安静に過ごしましょう。いかにも美容整形をしたということが周りに知られないようにするためにも、できるだけ人に会わず、自宅で安静にしておいた方が無難です。そうすれば、ボトックス注射後の腫れた状態を誰にも見られることはなく、キレイに肌に浸透した状態になってから外へ出て人と会えるようになります。ここまで考えた上で施術を受けるようにしましょう。もちろん、このようなボトックス副作用が全く出ず、ダウン期間も普通に過ごせるという人も少なくありません。施術後の状態によってはすぐに日常生活に戻れる人も居ます。信頼できる主治医の指導にそった上で、無理なく日常生活を過ごすようにすることが何よりも重要と言えるでしょう。