【顔のしわがなくなると人気】ボトックスの正しい位置に注入する方法

女の人
  1. ホーム
  2. 顔のシワを消す薬とは

顔のシワを消す薬とは

顔を触る人

痛みや腫れもほとんどない

いつまでも若々しくいたいと考えている女性にとって大きな問題となってくるのが顔のシワです。シワがあるだけで人によってはすっかり老け込んだ印象を周囲に与えてしまいます。またシワは顔に影をつくり顔色が悪く見えてしまうこともあります。またメイクをするとファンデーションがシワに入り込んでさらにシワが目立ってしまいます。そんなシワをなくす美容整形としてよく使われているのがボトックス注射です。ボトックスは顔の筋肉を動かす神経伝達物質のアセチルコリンの分泌を減少させることで顔のシワをなくす働きをします。人は怒ったり笑ったり、しかめっつらをするなど様々な表情をすると顔にシワが出来ます。そのシワがいつの間にか顔に固定して消えなくなってしまいます。年齢を重ねるとそのシワはさらに深くなっていきます。ボトックス注射は表情筋の働きを抑えることでこれらのシワを改善することが出来ます。美容整形クリニックではシワをとりたいという人にはすぐには施術を行わず、まず十分なカウンセリングしてからの治療となります。ボトックス注射をしてから数日程度でしわ取りの効果はあらわれてきます。しかし施術を受ける人にとって気になるのはボトックス副作用です。ボトックス副作用は皮下出血や痛み、腫れなどがあります。しかし美容整形クリニックでは麻酔のジェルやクリームなどを使うので痛みの心配はほとんどありません。また注射針が怖いという人もいるかもしれませんが、ほとんどのクリニックでは極細針を使用しているので麻酔をしなくても痛みはあまり感じません。また皮下出血も遅くても数日程度で消えますし、残っている間はメイクで隠すことも出来ます。またボトックス副作用として考えられるのは表情が出しづらくなるのではないかというものですが、その心配もありません。顔のしわ取りボトックス注射は筋肉の緊張を少し緩めるだけで、その働きをすべて消してしまうものではないからです。顔のエラ取りにもボトックス注射は使われますが、これは発達した咬筋の働きを弱めてエラをなくします。この場合も咬筋の力が弱まるだけでモノを噛む働きが衰える心配はありません。そのほかに体質や体調によっては頭痛やめまいなどがボトックス副作用として出る事があります。しかしこれも安静にしておけば次第におさまってきますが、このような副作用が出ること通常はほとんどありません。